政府の赤字は民間の黒字であるという事実

現在の日本では、政府の赤字をよくないものとする考え方が常識とされています。
ですが、政府の赤字は本来非常に重要なものです。なぜなら、政府の赤字は民間の黒字になるためです。


政府の赤字をなくすということは、民間からお金を徴収して、民間経済のお金を減らすということ。すなわち、国民を貧しくするということです。


現在の日本では、『政府の赤字が悪である』という間違った考え方が広まりすぎています。政府を動かす人達ですらこの考えをもっています。
そのため、必要な政府の支出がなされず、多くの損失や多くの不幸が生まれます。これが日本が豊かにならない原因です。


本来であれば国の成長のため、政府がもっと多くのお金を支出していかなくてはなりません。デフレならばなおさらです。
財源の議論など必要なく、国債を発行すればそれでいいのです。財源は税金ではありません。税の本来の役割は、経済や社会のコントロールをすることです。そういった意味では、今の日本で消費税の増税には全く意味がありません。


ここまで読んでくださった人の中にも『信じられない。受け入れ難い』と思った人は多いと思います。
自分も『今の自分の考えは正しいのか』という不安と常に戦いながら考え・学び続けています。
どうか、皆さんも自分で情報を調べ、そして考えてください。自分の常識が常に真実とは限りません。


この内容が気になった方は、『MMT(現代貨幣理論)』を調べてみてください。この理論の第一人者であるステファニー・ケルトンさんが来日されております。ステファニー・ケルトンさんご本人出演の動画も日本人のチャンネルで公開されています。
https://youtu.be/sJG7gqRbsAI

1人でも多くの方が、何が真実なのか考えてくれたらうれしいです!

失業はよくないこと?

失業というのはよくないことでしょうか。

政治の世界では失業者の減少を目指すことは多いです。

失業はよくなくて、皆が仕事に就いている状態がいい状態である。』

多くの人はそういった認識でしょう。


私は、『本当に失業はよくないことなのか』と疑問に思いました。

というのも、失業が増えるときというのは同時に、人類が進歩するときと言えると思ったのです。

失業は人類の進歩を証明するものである。と考えれば、失業も悪くないと思いました。


人類は産業革命の度に大きな進歩を遂げてきました。
そして、その革命の裏にはまた多くの人の失業がありました。

失業が起こるということは、技術の進歩によって、人がやらなくてもいいことが増えるということです。

シンプルに考えればそのように仕事が減るということは喜ばしいことなのではないでしょうか。

現在は第4次産業革命の時代と言われています。
AI技術が発達しており、肉体労働はもちろん頭脳労働さえもAIに置き換わろうとしています。

もはや誰も働かなくていい時代が来るのかもしれません。


やった!働かなくていい!!暇な時間がふえる!めっちゃ遊べる!



このように手放しで喜びたいところですが、現在において、失業が喜ばしいものとはなりません。

なぜなら、働かなくては生活ができないからです。

働かなくてはお金が得られず、お金がなくては、食料も水も住む場所も得られません。
まあ、死にますね。


『働かざるもの食うべからず』

このルールがある限り、どれだけ技術が進歩しても不幸な人は増え続けます。

このままAIが発達し続ければ、働きたくても働けないという人はどんどん増えていきます。
第3次までの産業革命のように他の仕事につくわけにもいかないのです。新たに生まれる雇用よりも、なくなる雇用の方が圧倒的に多くなってしまうのですから。



失業がよくないという世界、言い換えると『働かざるもの食うべからず』というルールに支配された世界では、技術革新が人類の首を絞めることになってしまうかもしれません。

このルールはもうなくしてしまった方がいいのかなと思います。

AIや機械が財を生産し、人々は仕事がなくなることを喜べる。『働かなくても食っていい』。

そんな社会にするのが今の人類の課題なのではないでしょうか。

自分を褒めてポジティブになろう

こんにちは!トウタです!

僕は油断するとネガティブになってしまう人間です。
なので、ネガティブにならないように自分を褒めることを心がけています。

今回は、僕が実践している『自分を褒めるコツ』を2つ紹介します!


コツ① 他人の評価は気にしない
自分を褒めるときは他人の評価は気にしないようにしましょう。
自分がいいと思っても、他人からは大したことがないと思われることがあります。他人の影響で自分を褒める機会が減るのはもったいないので、自己評価を大切にしましょう。

例えば、テストで70点を取ったとします。自分の中でそれを褒めるべきと思ったら褒めましょう。『70点も取るなんてすごい!』と。
親や友人に、『たった70点か。』と言われるかもしれませんが、それは他人の評価です。
自分で自分を褒める際には、関係のないことです。


コツ②ささいなことを褒める
ほんのささいなことを褒めましょう。
例えば僕は、『朝ちゃんと起きたこと』『洗濯機を回したこと』なども褒めたりします。
『朝ちゃんと起きたの、エラい!』『洗濯機回せたのエラい!家事がんばってる!』
といったような感じで褒めます。

やってみるとわかるんですが、どんなにささいなことでも褒めてみるとテンションが上がります。
人間は単純なので、『自分エラい』と言い聞かせたら『自分エラい』と感じてきます。
普段あたりまえのようにやっている小さなことだからこそ、自分のその行動を褒めることで、自己肯定感が高められます。


おわりに
自分を褒める。やってみるといつもよりちょっと毎日が明るくなります。
誰にでも確実にできるのは『生きているのエラい!』と褒めることです。
騙されたと思ってやってみてください。オススメです。


ここまで読んでいただいてありがとうございました!

ルールについて思ったこと【ルールは何かを減らすためにある】

こんばんは!トウタです!

今回は、『ルール』について、思いついた考えを書いていきます!

僕が思ったのは、
『ルールは何かを減らすために存在しているのではないか』
ということです。

大したきっかけもなく、ふとした瞬間に思いついたのですが、考えてみると多くのルールにおいて『何かを減らす』という条件があてはまっていると感じます。

例えば、法律は犯罪やそれに伴う不利益をへらしています。ゲームのルールは、遊び方を制限して、減らしています。自分ルールのうち、『〇〇しない』といったルールは選択肢を減らしています。

このように、あらゆるルールが何かを増やすためではなく、何かを減らすために存在していると感じます。

そもそも、ルールというものの成り立ちからして、制限を加えるというものなので、これはあたりまえなのかもしれません。

また、ルールが何かを減らすためのものであるならば、何かを増やしてしまっているルールはあまりよろしくないのかなと思いました。
ルールによって、仕事ややるべきことが増やされるといった場合は、ルールそのものを見直してみるべきだったりするのかもしれません。


とりあえず、ルールは何かを減らすためのものであるという前提で、色々な社会のルールについて考えてみようと思います。
ここまで読んでいただいてありがとうございました!

シンプルなものが好き

こんばんは!トウタです!


僕はシンプルなものが好きです!
服装や、デザイン・しくみなどあらゆることがらを考えるうえでシンプルが好きだと感じます。
今回は、なぜ自分はシンプルが好きなのか、考えてみました。

明らかに需要なさそうな記事ですが、自分のためのまとめとして書いていきます。少なくとも僕には需要のある記事ということです。


理由① 無駄がないから
無駄な部分があると、『いや、これいらんでしょ』と思ってしまいます。無駄を減らした方がものごとはよりよくなるという考え方が根底にあるので、無駄の少ないシンプルなものが好きです。

理由② 集中できるから
僕は、色んな細かいところに目を向けてしまいがちです。そうするといつの間にか気が散ってしまいます。
周りにシンプルなものが多ければ多いほど、気が散る要素も減るはずです。この気が散りにくくなるという理由でシンプルが好きです。

理由③ わかりやすいから
『理解できない』という感覚はストレスになるものです。ものごとは、シンプルでわかりやすく、理解しやすい方がストレスにならないと思います。僕はストレスを減らしたいのでシンプルが好きです。


おわりに
この記事を書きながら、『自分はシンプルが好きだというシンプルな感性を複雑にしてしまっているのでは?』という矛盾にぶちあたって面白かったです。
この矛盾については、『好きという、一見シンプルだがとても複雑な気持ちを整理することの練習である』という考え方で解決しました。

自分が好きなものについて、『なぜ好きなのか』考えてみることはあまりないと思います。やってみると、自分への理解が深まり、少し自分のことを好きになれました。


他の好きなものについても、同じように『なぜ好きなのか』考えてみようかなと思います!
ここまで読んでいただいてありがとうございました!

なぜ悩むのか【選ばない方を見ないから】

こんばんは!トウタです!

最近本当に悩みが多いです!
なので、それについて思うがままに書きたいと思います。


最近の悩みの例
・ブログをなぜ書いてるのか、明確な答えが出せないこと
・今関わっている人達と関係を続けるべきかどうか
・就職するかしないか
・時間をどう使えばいいのか


なぜ自分が悩むのか考えてみました。

僕は、僕が悩むのは、選ばないのが怖いからだと思います。

悩むということは、複数の選択肢の中からどれを選ぶか考えるということです。

そして、悩まないということは決断することであり、それは選ばないの方の選択肢を捨てるということです。

選択肢を捨てられないから悩むのだと思います。


だからきっと、考えるべきは選択肢を捨てた後のことです。
その選択肢を捨てたらどうなるのか、それがわかれば悩みは解決に近づくはずです。
捨てても問題ないとわかれば、すぐに決断できます。捨ててもすぐに拾えると気づけば、決断の重さが軽減されます。


悩みを解消させるためには、何を選ぶのかだけではなく、何を選ばないのかということも考える必要があるということです。


選ばないことについて深く考えて、もう少しだけ悩んでみようと思います。
ここまで読んでいただいてありがとうございました!

タピオカ初挑戦!【挑戦シリーズ】

こんにちは!トウタです!

昨日、初めてタピオカを食べました!
その体験について、少し書いてみます!


タピオカ初挑戦の感想

最初に浮かんだ感想は『白玉かな?』というものでした。
白玉のようにモチモチしていてとても美味しかったです!
白玉と違うのは、歯にくっつかないところですね。それはすごいメリットだなと感じます。

あと、ジュースに対するタピオカの量が意外と多かったです。
最終的にタピオカがいくつか余ってしまいました笑

タピオカが余ると、がんばってタピオカだけを吸わないといけなくなります。やってみたらわかるんですが、そうすると、タピオカが凄い勢いで口の中に飛んでくることになります。
もしかしたら、喉につまらせたり、変なところに入ったりするかもなので、その点は、気をつけようと思います。
次は、余らせないように飲みます!



短いですが、終わります!
タピオカは予想以上に美味しかったです!皆さんもぜひ!!

ここまで読んでいただいてありがとうございました!