シンプルなものが好き

こんばんは!トウタです!


僕はシンプルなものが好きです!
服装や、デザイン・しくみなどあらゆることがらを考えるうえでシンプルが好きだと感じます。
今回は、なぜ自分はシンプルが好きなのか、考えてみました。

明らかに需要なさそうな記事ですが、自分のためのまとめとして書いていきます。少なくとも僕には需要のある記事ということです。


理由① 無駄がないから
無駄な部分があると、『いや、これいらんでしょ』と思ってしまいます。無駄を減らした方がものごとはよりよくなるという考え方が根底にあるので、無駄の少ないシンプルなものが好きです。

理由② 集中できるから
僕は、色んな細かいところに目を向けてしまいがちです。そうするといつの間にか気が散ってしまいます。
周りにシンプルなものが多ければ多いほど、気が散る要素も減るはずです。この気が散りにくくなるという理由でシンプルが好きです。

理由③ わかりやすいから
『理解できない』という感覚はストレスになるものです。ものごとは、シンプルでわかりやすく、理解しやすい方がストレスにならないと思います。僕はストレスを減らしたいのでシンプルが好きです。


おわりに
この記事を書きながら、『自分はシンプルが好きだというシンプルな感性を複雑にしてしまっているのでは?』という矛盾にぶちあたって面白かったです。
この矛盾については、『好きという、一見シンプルだがとても複雑な気持ちを整理することの練習である』という考え方で解決しました。

自分が好きなものについて、『なぜ好きなのか』考えてみることはあまりないと思います。やってみると、自分への理解が深まり、少し自分のことを好きになれました。


他の好きなものについても、同じように『なぜ好きなのか』考えてみようかなと思います!
ここまで読んでいただいてありがとうございました!